製造設備|医薬品容器製造の阪神グループ

容器のご提案から樹脂製品の製造、充填・受託製造に至るまで、
より優れた品質の製品ときめ細かいサービスをご提供しています。

English

成形同時充填システムを核に高いレベルの製造設備

優れた生産効率とコストパフォーマンスを実現

医薬品GMPの管理体制のもと、クリーンな環境、一貫した製造ラインにて高い品質の製品の製造を行っています。
また製造技術のさらなる進化を目指し設備の改造や工程の改善による、よりよい工場づくりに取り組んでいます。

空調機室

工場内に5箇所設けられています。
それぞれの部屋に合った環境(クラス1万(日局グレードC)~クラス10万
(日局グレードD))を常に保っています。

原料保管室

内溶液原料の保管を行います。

精製水製造室

原水として水道水を使用し、精製水および滅菌精製水を製造しています。
定期的に熱殺菌を実施し、クリーンな状態を保っています。

材料保管室

容器樹脂材料の保管を行います。
樹脂材料は、保管室のコンテナからエアー搬送で成形充填室に送られます。

調製室

全自動管理により作業者による品質差をなくし、多種多様な液剤に対応しています。

成形充填室

BFSカンパニーの心臓部。
ドイツ製とアメリカ製の成形充填機を導入し、0.3~500mLまでの充填実績があります。

動画で見る成形充填機

包装室

キャップ装着、フィルム包装、カートン箱詰など、
お客様のご要望に応じた仕様で最終包装・仮包装などの製造を行います。

自動ラック倉庫

生産される製品は24時間制御システムにより、入出庫はもちろん、
バーコードでの品名・数量を管理しています。
倉庫内は温度管理が施されています。
2基のラック倉庫で2600棚の保管が可能です。